関節を温めてはいけない理由

骨や軟骨を含め、人間の組織は、何からできているかを知ってますか?

骨はカルシウムという認識の人が多いと思いますが、

実は骨の8割はたんぱく質で、残りの2割がカルシウムです。

 

たんぱく質ってどんなもの?

 

知ってる方もいると思いますが、

たんぱく質は「熱に弱い」という大きな特徴があります。

たんぱく質の熱変性は42.4度から始まります。

卵の白身を想像していただければわかりやすいと思いますが、非常に熱に弱い物質です。温泉卵であるように、40度以上あるお湯に浸かれば、10分ぐらいで白濁して組成が「変性」して形を変えて固まってしまいます。

 

人間の体、関節も熱に弱い

 

人間の関節も同じように、熱を続けると関節を構成する上下の

骨がドローっと徐々に融け始め形を変えていき、

 

 

変形性関節症が出来上がります。

 

 

そうなりたくないのであれば、見直さないといけませんね。

冷え性であれば、冷やすと余計に冷えてしまいますよね?

であれば、

「なぜ、冷え性なのか?」

 

を考えていかなければいけません。

冷え性だから(外側から)温めればいいと考えも見直さなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

痛くて歩けない

次の記事

3つの脆弱期