〇〇は履かないようにしましょう

冬でも室内スリッパ(靴以外の履物)は履かないようにしましょう

なぜなら、スリッパを履くと足指に変形が起こる可能性があるからです

例えば、足を固定することができないスリッパを履くと、足が常に前滑りを起こしている状態になります。

特につま先のところがふさがっているスリッパの場合、足指がつま先の壁にぶつかって、指が前にかがむような変形をしてしまうこともあります。

また、前に足が滑るので、それを止めようとグッと踏ん張るような感じで足指に力が入り、かがみ指、ハンマートゥになってしまいます。

だから冬でも室内スリッパは履かないようにしましょう

しかしとは言うものの、冬は床が寒くて冷えますよね?

その場合は、保温性・吸湿性の高い素材を使用した靴下を履くようにしましょう。

 

例えば、羊から採取されるウール素材は、保温性・吸湿性の両方を兼ね備えた機能的な天然素材です。暖かさをキープしつつ、余分な湿気を吸い取ってくれるので、ブーツや革靴など、内部が蒸れやすい靴を履いていても快適さを保つことができます。

だから、スリッパを履くのではなく保温性・吸湿性の高い素材を使用した靴下を履くようにしましょう。

 

他にも「靴下を重ね履き」するなどの方法があります。

とにかくスリッパを履かないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です