雨の日は外で歩けないよ!①

雨が降っていると”ウォーキング”が出来ない

 

 

ウォーキングできないし、今日はやめとこう!

 

 

 

 

いやいや・・・

 

 

 

 

雨が降っててもできることはありますよ!!

 

 

そんな時は『室内でウォーキングに代わる運動』をしましょう!

 

 

 

ウォーキングは”下半身の筋力”を多く使う運動です。

 

歩行で使う主な筋力

 

  • 太もも
  • 太ももの裏側
  • お尻
  • ふくらはぎ

 

“ウォーキングでよく使う筋肉は下半身の筋肉です。”

 

“ふくらはぎの筋肉は、姿勢を支える際にとても大切な働きをしています。”

 

ふくらはぎは”ウォーキング効果”に重要な役割を担ってます。

 

 

ふくらはぎは第二の心臓

 

全身の血液は、心臓から送られて、また心臓に戻るという循環をしています。心臓より高い位置にある頭や首の血液は重力に従い心臓に戻りますが、下半身の血液を心臓に戻す事はできません。そこで、血液を心臓に押し上げるポンプの役割をするのが、ふくらはぎ。人体の血液は、70%が下半身に集まっています。ふくらはぎは下半身に集まった血液を心臓に押し戻すポンプの役割をしていることから「第2の心臓」と言われています。

 

“「ふくらはぎ」にある筋肉は第2の心臓といわれ、足にたまった血液を上にある心臓に送り返す働きをします。”

 

“人間の下半身には70%もの血液が集まっており、この血液を心臓に戻すよう働いている”

 

“動かすことで足にたまった血流を勢いよく上半身に戻してくれます。”

 

 

歩行することで、ふくらはぎが伸縮し、下半身の筋肉を心臓に戻し、全身の血液が促されます

 

“筋肉がよく動くと全身の血行がよくなるという。”

 

“ふくらはぎの筋肉のポンプ作用が促進することで体全体を温めることができます。”

ふくらはぎの働きで”健康の要”血流がアップ!

血液が上がれば、「病気」が遠ざかります

高血圧、糖尿病、心筋梗塞、腰痛、ひざ痛、肩こり、冷え性、不眠、更年期、うつ、認知症の予防

 

“血流は酸素を取り込んでこれを身体の隅々まで送っている命の源、健康の要です。”

 

“血流を良くすると身体が温まり、コリや冷えが解消されるだけでなく、太りにくい体質になったり血管障害を予防することにも繋がります。”

 

“ふくらはぎの筋肉がしっかりと収縮して、力強くポンプの役割を果たしていくことが、最も重要なポイントになってくるのです。”

 

ポンプの働きをするためには筋肉の伸び縮みが必要になります。”

 

 

 

 

 

そこで・・・

 

 

 

 

雨が降っててもできる、室内でもできる「簡単にできる”ふくらはぎ伸縮運動”」をやってみましょう!

台が準備できない場合は、階段の一番下の段でも問題なし

 

“十分に強度と安定性がある台を用意してください。”

“台の高さは、15cmから25cmの間で調節してください。(低めでしていただいても問題ありません)

“肝心なことは、「安定性があること」です。”

“自宅の階段を1段使ってもできます”

 

<室内運動①>踏み台昇降運動

 

“踏み台昇降は足の筋力と体幹を鍛えながらの有酸素運動です。”

“有酸素運動を続けると新陳代謝がよくなり、老廃物を排出しやすくなるので、カラダの中からキレイになることができるので、オススメです。”

“腹筋・背筋・お尻の筋も同時に鍛えるので、筋力アップだけでなく、ヒップアップもできちゃう簡単でお得な運動です。”

“確実にウォーキングの代わりになりますし、ウォーキング以上の運動も可能です。”

 

踏み台昇降運動のやり方

 

スポーツテストなどでおなじみの踏み台を昇ったり降りたりする運動です。上がって(右足)上がって(左足)下りて(右足)下りて(左足)を繰り返します。

 

“昇り降りを繰り返します。休まずに30分くらい続けてみましょう。”

踏み台がないのであれば、フラットな状態でも同じような動きをしていただいても問題ありません。

ずっと、座ったり、寝転んだりしてゴロゴロして動かないのが一番、体によくないのです。

とにかく動かすことが何より大事です。

30分じゃなくてもいいので15分でも…10分でも…5分でもいいので…少しづつコツコツとしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MENU