雨の日は外で歩けないよ!②

前回は踏み台昇降をお伝えいたしましたが、今回は、、、

 

 

これです

 

 

 

 

 

そう

 

 

トランポリンです。

 

 

トランポリンは、

 

『リンパ液の浄化作用』が他のどの運動よりもある

 

リンパ液は、血管からにじみ出た栄養素を細胞に送りつつ、老廃物を受け取って排泄をするという一連の流れをっています。細胞をいつまでも若く保ちたいのなら、血液とリンパ液の循環をよくすることが大切です。

トランポリンの上下運動によってもたらされる最大の効果が、リンパ液の浄化です。

 

 

トランポリンをおすすめする理由

 

・室内でできるので、天気に左右されない

5分でもOKなので、短時間でできる

・膝などへの負担が少ない

・全身をバランスよく鍛えられる

・跳ねるだけじゃないのでトレーニング種類が多い

・遊び感覚で跳ねることができるので楽しい

・何よりも継続しやすい

 

 

 

 

他にも・・・

 

 

 

・視覚が向上する

驚くべきことに、トランポリンに取り組めば眼球運動のスキル視覚を高められる。

上下動を繰り返しが焦点の微調整を促すので、最終的に動いている物体を追随する眼筋が強化される。トランポリンに取り組めば、ボールや対戦相手の動き、あるいは波の変化などがこれまで以上に “見える” ようになるのだ。

 

 

・ランニングと同等の心肺機能向上効果

トランポリンの心拍数と酸素消費を計測した2016年のある研究は、トランポリンの心肺機能向上への効果は、ランニング、自転車、バスケットボールなどと同等だが、これらよりも低負荷だとしている。

また、NASAの研究者も、トランポリンの心肺機能向上効果はジョギングより68%高いと認めている。

つまり、メンタル面の苦痛を感じることなく、優れた有酸素ワークアウトを手軽に実践できるというわけだ。まさに “ウィン・ウィン” だ。

 

 

 

さらに

 

 

 

 

・骨が強化される(関節を強くする)

ジャンプすると骨がミネラルを生成するようになる。また、着地の衝撃は重力の2倍に相当する。

これが骨の密度を高めるので、骨粗しょう症の防止や子供の側弯(そくわん)の治療にも役立てられる。

突き詰めて言えば、トランポリンをすれば、身体を守りつつ、好きなスポーツをより長く続けられるようになるのだ。

 

 

 

 

ただし

 

 

 

 

これ(トランポリン)ばかりやっていればいい・・・

 

というわけではありません。

 

トランポリンで飛んでばかりだと『内臓下垂』も起こることもあるので、普段からきちんと地面を歩くこともしなければいけません。

 

 

室内

トランポリン上で足踏みをしたり、腕を振るだけの動きをしたりするのもいいですね。

詳しく知りたい方は、院長までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MENU