身体に負担が少ない座り方のコツは?

私達の背骨はなだらかなS字カーブを呈しています。

正しく座ることを意識する時には、このS字カーブがなるべく保たれた状態を目指します。

 

S字カーブが保たれた姿勢は筋肉や関節への負担が最小限で済むのですが、特に座り姿勢では骨盤が後方へ傾きやすくなり、背骨のS字カーブが変化し背が丸くなる前傾姿勢になりやすいのです。

たとえ「良い姿勢」で座ることができたとしても、同じ姿勢を続けることは筋肉が疲労しコリへつながるため、立ち上がったり歩いたりなど姿勢を変化させ動かす必要があります。

正しい姿勢で座るコツは、オヘソと顔を正面へ向け上半身を頭方へ引き上げること。このとき、前傾姿勢にならないよう、なるべく骨盤を立てることを意識しましょう。きつめのズボンのジッパーを上げる様子をイメージすると行いやすいです。座面に坐骨がしっかりと当たり安定感があるよう背もたれを目安に深く座ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です