どれくらい歩けばいいの?

どれくらい歩けばいいの?

 

歩行は一度に続けて40分行いましょう

 

出勤で20分、帰宅で20分と分けて歩くより、続けて歩く方がはるかに効果があります。


40
分と聞くと「えっ、長い!」と思われるでしょうが、かなりの早歩きで歩いても、40分で約4.4km


お家を出てから片道約2kmでどこまで行けるでしょうか?


それをぐるりと一周すれば、あっという間に40分です。

 

しかし、早足で連続して40分、一里以上の距離が、足腰を悪くされてる方、毎日忙しく過ごされてる方にとって歩き続ける習慣となるまでは、なかなか時間がかかり、また習慣化するのは難しいものです。

 

5分、10分と少しづつから始めていかれたらいいです。コツコツと続けていくことで、少しづつ歩ける時間が長くなり、歩数が上がってきます。

 

歩くと胃腸の調子が良くなる。

歩くと頭が冴える。

歩くと体や心が軽くなる。

 

心臓病や糖尿病などの生活習慣病のみならず、ガンを含む難病の予防や治療になるとの報告もある

 

健康には歩くことが必須条件です。

 

そうして、人類は進化したのだから。

 

歩行に勝るものはありません。

 

少しづつでいいんです。

 

まずは少しづつから始めてみましょう。

 

やってみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MENU