坐骨神経痛ってなに?

坐骨神経痛とは、腰の骨から伸びている「坐骨神経」が様々な理由によって牽引・圧迫・刺激されることによってあらわれます。

自覚症状としては、お尻から足にかけての痛みやしびれなどとして感じられます。

また、多くの場合、腰痛と伴って症状を感じますが、腰痛を伴なわないこともあります。

 

坐骨神経痛は、経過で症状が変わることがあります。

 

1、片側にかけて出る、腰から足にかけての痛み

2、お尻の付け根から、足の外側に感じる鈍痛

3、歩けない期間が2週間程度で、その後、お尻から足にかけて痺れた感じの残る症状

4、お尻の近くだけにチクっとする痛みや鈍痛があるもの

5、お尻から足の指までにかけて出ていた痛みや痺れが、足だけに残ったもの

 

これらは、坐骨神経を何らかの原因によって障碍された、人によって様々なケースでバラバラな順に感じられることの代表的症状一覧です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です