体の土台となるところを強くするもの

(熱に弱い)タンパク質合成を高め、膜の再生力をつける2つの方法

 

MP365外膜を強くする

MSM4000内膜を強くする

 

世の中のものはどうしても運動構造体側(筋肉)に着目したものが多い。

でも、『土台=基礎構造体』がちゃんとしてないと『太い柱の大きな家=運動構造体』は建たないし、無理に建てると基礎が壊れる=体が壊れる。

『土台=基礎構造体』が弱いのに無理に運動構造体を鍛えたり負荷を掛けても疲労がどんどん蓄積してそのうち破綻する。

だから、『土台=基礎構造体』が強ければ『太い柱の大きな家=運動構造体』も着実に育つ訳だ。

大谷選手が運動機能がズバ抜けているのは『土台=基礎構造体』がしっかりしてるから、あれだけの運動機能を発揮できる運動構造体が出来上がってくるのだ。

基礎構造体が弱い(選手)ヒトは(選手)生命も短い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MENU