『あぐら座り』をするなら「クッション」を敷きましょ

「あぐら座り」はなるべく控えましょう

 

なぜなら腰(骨盤)を痛めるからです

例えば、あぐらをかくと股を開くので股関節が外旋(ガニ股)し、緩み、離開して、骨盤が後ろに倒れて(仙腸関節が噛み込みやすくなり)猫背になります

 

そうする事で腰(骨盤)が不安定になり傷んでしまいます

だから「あぐら座り」はなるべく控えましょう

 

ほなどうやって座ればええねん?

 

「では、どうやって座ればいいのか?」となりますのよね?

そんな方にオススメしたいのが「あぐら」で座るのなら、お尻の下(後ろの方)にクッションを置きましょう。

なぜなら、腰(骨盤)の負担を減らすことができるからです。

例えば、クッションを敷いて座り方をすると骨盤が後ろに倒れにくくなり腰椎のカーブを出して座ることができます。

つまり腰の負担を減らすことができます。

だから「あぐら」で座るのなら、お尻の下(後ろの方)にクッションを置きましょう。

しかしとはいうものの、それでも足・膝・腰に負担がかかるなら、座り方を見直しましょう

なぜなら、やはり「あぐら座り」では股関節に負担がかかるからです。

例えば、クッションを引いて骨盤を起こして腰椎のカーブを出したとしてもあぐらにより股を開くことで股関節が外旋(ガニ股)し、緩み、離開して、骨盤が後ろに倒れて(仙腸関節が噛み込みやすくなり)猫背になりやすくなるのは避けられません。

 

そこで座り方としてオススメなのが、

 

❶正座(クッションをお尻の下に敷く)

長時間、正座をすると足・膝に負担がかかる

❷あぐら(クッションをお尻の下に敷く)

長時間、あぐらをすると骨盤い負担がかかる

これらをそれぞれ長時間しないで❶⇄❷と短時間でこまめに姿勢を変えることで膝・骨盤にかかる負担を減らすことができます。

 

だから足・膝・腰に負担がかかるなら、座り方を見直しましょう

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です