10年に1度の大寒波でも…

10年に1度の大寒波でも…

激痛でつらいのであれば…

 

「氷」で「熱取り」をし続けましょう。

 

なぜなら、痛みを減らすにはそれしか方法がないからです。

例えば…

「痛み」の段階には5段階あります。

 

❶激烈炎症期   (3日間前後)
❷急性炎症期   (~1週間)
❸慢性炎症期   (~2週間)
❹高原性経過期  (炎症期~半年・数年に及ぶ場合もある。不安定期ともいう)
❺平癒期     (症状が安定し、少しくらいの疲労などでもぶり返さない状態)

 

痛くて歩けない、安静時でも激痛、薬が効かない、お風呂に入ると余計に痛い…であれば間違いなく❶に該当します。

これは、ただの炎症期ではなく『激烈』炎症期です。

 


経験された方はお分かりかと思いますが、呼吸もしにくい、冷や汗が出る、人によっては身体全体が熱い、喉が乾いたりなどもしてきます。痛みがきつすぎるのでそれどころではありませんが…

それだけ炎症を起こしているということです。

 

炎症を落ち着かせる方法はたった1つ…

「熱」を取り続けることです。

だから、10年に1度の大寒波でも、激痛でつらいのであれば氷で熱取りをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です