歩くときは〇〇しましょう。

歩く時は「腕を振って」歩くようにしましょう

なぜなら、「バランスよく」歩くことができるからです

例えば、歩いてる時に、肩関節(上肢)の振りが弱いと股関節の動きが悪くなります

股関節の動きが悪くなるということは同側の足(下肢)の出が悪くなり、バランスを崩して歩くことになります。

また、その状態で歩いてると、代償動作により対側の骨盤関節(仙腸関節)を痛めてしまう可能性も出てきます。

つまり、余計にバランスが崩れるということになります。

だから歩くときは「腕を振って」歩くようにしましょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です