動き始めは…

「トレーニング」はもちろん、「日常生活の一つ一つの動作」も含め、「動き始め」は出来るだけ「ゆっくりと動かす」ようにしましょう。

なぜなら、関節を痛めてしまうからです。

例えば、とっさに勢いよく動かすことで、「ぎっくり腰」になったり、首を寝違えたり、急に痛みが出たりなどご経験ないですか?

このように勢いよく素早く動かすことは、関節を痛めてしまいます。

ゆっくりと動かすことで、関節面全体に圧がかかり、滑らかに動くので、痛めたりすることはありません。

だから、「トレーニング」はもちろん、「日常生活の一つ一つの動作」も含め、「動き始め」は出来るだけ「ゆっくりと動かす」ようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です