〇〇をつけて寝るのはやめましょう

電気毛布をつけて寝るのはやめましょう

なぜなら、温めることで骨が変形していくからです。

 

 

例えば、人体を構成するタンパク質は、熱に弱い性質を持ち、熱を加えられることにより性質が大きく変わります。

このように骨もタンパク質で構成されているので温めることで熱変性を起こします。

だから電気カーペットをつけて寝るのはやめましょう。

 

しかし、とは言うものの、寒い時期、温めようとしてしまいますよね?

その場合は、骨(身体)に直接、熱を加えたりして温めるのではなく、室温を上げて保温を努めるようにしましょう。

なぜなら、室温を上げるだけでは骨(人体)に熱変性が起きることはないからです。

例えば、カイロを貼ると貼ってる部分(骨)はものすごく熱くなりますが、エアコンを使うなどで空間を温めても骨が熱くなることはありません。

このように直接温めるのと空間を温めるのと意味合いは同じでも、結果は全く変わってきます。

 

だから骨(身体)に直接、熱を加えたりして温めるのではなく室温を上げて保温を努めるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です