デスクワークをしてる時は…

出来るだけ「下を向かない」ようにしましょう。

なぜなら、ストレートネックになり、首が痛くなるからです。

例えば、頭を15度前に傾けると、首には約12㎏の力がかかります。 うつむく角度によって、負担の大きさが変わります。

つまり下を向くことで、首に負担がかかるということになります。

だから出来るだけ「下を向かない」ようにしましょう。

しかし、とは言うものの、デスクワーク作業でどうしても下を向いてしまいがちになります。

その場合は、傾斜台を使ってデスクワーク作業をするようにしましょう。

 

なぜなら、首に負担がかからないからです。

例えば、デスクワークでノートパソコンを使ってる人は、傾斜台を使うことでパソコンの画面を通常より高くすることができます。

このようにパソコンの画面を高くすることで目線と同じくらいになり首に負担がかからなくなります。

だから傾斜台を使ってデスクワーク作業をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です