長距離運転をする場合…

長距離運転をする場合は氷で熱取りしながら振動を減衰させるクッションを身につけましょう。

なぜなら、足腰の痛みを最小限に抑えることができるからです。

例えば、車を運転すると車のエンジンの振動などで骨盤を中心に身体中の関節が緩んでグラグラの状態になります。

※振動や衝撃などがはたらき、ネジが回転しながら緩むのと理屈は同じ

 

それが長距離になると緩んでグラグラになってる関節に傷が入り(骨傷)、炎症が発生します。

つまり振動と炎症が蓄積すると足腰に痛みが出てきます。

 

だから長距離運転をする場合は氷で熱取りしながら振動を減衰させるクッションを身につけましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です