膝はどのように動いてるのか?

膝関節の動きは、

曲げる(以下:屈曲)

伸ばす(以下:伸展)

屈伸運動中に関節内では若干の回旋運動が生じています。

 

もう少し詳しくお話ししますと…

 

膝を伸ばす時、完全に伸ばしきる手前から脛骨が大腿骨に対して「外側」に捻られる(脛骨の外旋)

 

 

大腿骨は屈曲・伸展の際に、膝が軸で動けるように「転がり」「すべる」の運動を行います。

 

 

 

 

 

曲げ伸ばしする時に上記のような複雑な動きが含まれています。

 

転がりながら滑っていくんです」

 

この動きが普段からきちんと出来ていれば、滑液が出て、半月板も損傷しないし、関節がすり減ったりはしないということです。

 

 

・屈曲位から伸展する時に、外旋運動(脛骨が大腿骨に対して外側に捻られる)が起こる
・歩行時、足を前に振り出す時に足は外側を向く
・転がり滑り運動

 

逆にこれがないと…

 

うまく荷重できていないということで滑液が枯渇し、半月板も損傷しやすくなり、結果的に、すり減りも起こり変形しやすくなってきます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です