どれくらいの時間、冷やせばいいの?

冷やす時間は患部の損傷状態によって変わりますが、急性的症状(痛みがきつい)時は氷襄で30分以上(氷が溶けきるまで)冷やします

 

これを最低1日5セット以上は行って下さい。

痛めてから時間が経ち、我慢できない程の痛みでない(痛みが少しマシになってる状態)場合は1日2~3セットくらいは行っていただくといいです。

熱取りの期間の目安は「完全に痛みが去るまで」となります。

患部が変形してて尚且つ、熱を持ってるなら…

1日中アイシング(徹底的にこまめに熱取り)してもいいと伝えております。

 

『食事してる時』

『運転してる時』

『帰宅してから患部が気になる時』

『入浴後』

『座ってる時』

『連続歩行後』

 

意識すれば冷やす時間なんていくらでも作れるはずです。

 

『なんでもかんでも闇雲に冷やせばいい!』っていうわけではありませんが、患部に熱があって重だるさがあるのであれば、冷却は必須です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です