ルームランナーって良いの?

「ルームランナーはダメですか?」というご質問がよくあります。

 

ご質問がある度に、私は『良くない』と伝えています。

 

ルームランナーを利用すると足腰は強くなるどころが余計に悪くなるからです。

 

余計に悪くなるのはなぜ?

 

ルームランナーは、ベルトが後ろに回る事によって、その場で人間が足を追いつくように動かし、歩いたり走ったりしてるだけです。

 

果たして、それは外を歩く事と同じ事なのでしょうか。

 

普段、外を歩くとき動かない地面を、自分で足を前に振り出し、地面を踏みしめ前進し、足の親指が最後に離れていきます。
歩いて自ら前に進んでいる(前に進んでいる)

 

 

ルームランナーで歩くとき地面がしきりなく動くので、ベルトが常に後ろにいってしまい、足を慌てて前に振り出す連続運動になり、親指で蹴りだす力も少なくなります。

ベルトの上でその場で歩かされてる(前には進んでいない)

 

 

関節の使い方も筋肉の働きも、全く違う事が起きているということです。

 

腰痛の人がルームランナーを使用した後、悪化してしまう事がよくありま す。

 

なぜでしょうか?

 

骨盤から股関節、膝、足において、力のかかり方が普段、外で歩く時と比べ不自然となり、重心の位置も後ろに傾いてしまい、結果的に骨盤の支えが弱まってしまうからです。

 

股関節や膝にも悪い負荷がかかります。

 

また、ルームランナーで歩いて降りた時に、軽いふらつきを起こしたことがありませんか?

 

骨盤は全身のバランサーです。

 

全身のバランサーとなる骨盤が不安定になる事でバランスを乱れ、一過性にふらつきを起こす事があります。

 

ルームランナーを使うことで心肺機能は上がっても、関節の力は確実に落ちます。

 

だから『ルームランナーで歩くのは良くない』と私は伝えています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です