指圧マッサージをすると…

指圧マッサージをすると硬くなります。

「えっ!?」
「なんで?マッサージをすると、ほぐれて軟らかくなるんじゃないの!?」
と不思議に思われたことでしょう。

しかし、『押したり揉んだりすると筋肉は硬くなる』は、真実です。

 

理由は…

筋膜の損傷(破ける)
筋線維の断裂(切れてしまう)

などがあげられます。

 

筋肉は筋線維と呼ばれる細い糸状の組織で構成されています。
ただ、糸状の線維だけではバラバラになってしまいますので、それらを同じ動きをするもの同士をひとまとめにラップで包むような構造になっています。
このラップの存在を筋膜といいます。

 

 

 

(強く)押したり揉む行為を繰り返していると、筋膜が傷つきます。

当然、損傷しても治ります。
しかし、修復過程で、本来、柔軟性に富んだ筋膜が肥厚し硬くなってしまい、線維化という状態になり、最悪、筋膜どうしが癒着することになります。

こうなると、スムーズな動きが妨げられ(筋膜の滑走不全)、違和感や不快感、筋膜の滑走不全により血管、神経圧迫などが起こり違和感や不快感、痛みを感じることになります。

 

正常な筋膜のイメージ図

筋肉の動きに合わせて均等に伸び縮みする

 

マッサージ等でダメージを受けた筋膜のイメージ図
マッサージの刺激により筋膜の線維が切れてしまう
ダメージを受けて修復(瘢痕組織)された筋膜のイメージ図
修復されたところが瘢痕化して筋肉の動きに合わせて均等に伸び縮みできない

“強い力で押したり揉んだしするマッサージ”をよく受ける方は、心当たりがあるかもしれませんが、受け始めた頃は、軽い力で揉まれても、気持ちが良く、揉まれている感覚もあったはずです。
それがいつのまにか、強い力で揉んでもらわないと、“揉まれている”という実感がなくなり、もっと強い力で揉んで欲しいと思ったことはありませんか?

上記の内容を読んでいただくと、その理由が納得していただけると思います。

 

筋肉は通常、筋収縮と弛緩がバランスよく行われています。

しかし、押す、揉む行為で筋組織が損傷していくと、筋線維内にカルシウムが残留してしまいます。

こうなると、さらに筋肉が硬くなってしまいます。

 

さらに良くない行為『強く揉む、押す』

 

物理学で言うところの作用反作用の法則が、人体にも当てはまります。

人の体は、突然押されると、反射的に一瞬力が入り硬くなります。

同じように、筋肉も強く押すという行為を行うと一瞬で反発し硬くなります。

これは、先ほどご説明したように、押されたところにカルシウムが一瞬で集まるからで、これを繰り返していると、当然、筋肉はどんどん硬くなっていきます。

ですから、“揉む”と同様に、“強く押す”行為も絶対に行ってはいけません。

 

※“強く押す、揉む”は最も危険な行為です。

硬いから揉むとか指圧するというのは、本当に必要なのか?

なぜ、そこの筋肉が硬くなってるのか?

 

その原因 [?]を考えなければいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です