おでこにつける熱さまシート

子供が発熱した時に、よくおでこにシップを貼っている方を見かけます。

通常のシップと比べて抗炎症剤などの有効成分が除かれたほか、あまり成分に変わりはありません。

冷却シートも皮膚の表層を気加熱で奪うだけのもので、頭の中まで冷却できるものではありません。

東京女子医大小児科、社本先生の報告では、 4~15才の入院中の患児15名に熱さまし用冷却シートの解熱効果について検討した結果、熱さまし用冷却シート使 用前後で全例に解熱効果を認めなかったという研究報告が出ています。

むしろ長時間このシートを貼る事は、皮層からの放熱機構を邪魔してしまう事で、脳の温度を上げてしまう事も予測できます。

 

頭の中には沢山の水分があり、発熱した子供が40度近くあるとすれば、とてもじゃないけど一枚ペタンと貼って熱を奪う事はできません。

発熱は細菌やウイルスを殺菌する免疫反応の1つですから、まず慌てない事が大切。

発熱時に心配な1つの要素は脳炎ですが、頭部を氷枕で冷やし熱を奪う事で脳炎はかなり予防できます。

またその時、身体を保温する事で全身血行が生理的になり、熱の放散を促してくれます。体から汗がよく出てくるのでマメに衣服を交換してあげましよう。

子供だけでなく、これらの対処は大人もまったく同じです。

慌てて解熱剤、風邪薬を多量に服用したりしないよう注意が必要です。

 

身体は保温
頭部は氷枕で熱取り

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です