痛みがきつい時【激烈の炎症期】はやめておきましょ!

体の痛み、症状が強い時は湯につかるのを避けましょう。

どの温泉に行っても、急性期は禁忌事項として書かれているはずです。

ただでさえ炎症して熱が旺盛なのに、さらに湯による熱エネルギーを与えてしまったら火に油を注ぐことになってしまいます。

シャワーで済ませましょう。風呂にはいると 痛みが一時的におさまるのは,痛みを感覚する痛覚(ツウカク)機能が鎮静化するためです。

温まってボーッとすると感覚が鈍くなりますよね?

それで痛みを感じるのも鈍くなってるだけです。

体が冷めてきた時、さらに痛みが増してしまうのでお気をつけて。

 

急性期にやってはいけないこと

 

糖分(炭水化物)摂取

必要以上に温める

お酒を飲む

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です