冷えてはいけないけと、冷やせば治る!

冬の寒さで全身の温度が下がると“冷え”てしまい、体調を崩してしまいま す。

しかし、痛めた場所は炎症で熱があるから“冷やす”ことで早く治ります。

でも、痛めた場所に氷をつけたら、ただでさえ寒いのに、余計に体が“冷え”てしまう…。

つまり、冬場のアイシングを有効 にするには、「十分に体を保温して寒気を感じない環境を整えてから、痛めた場所をアイシングする。」 ということが鉄則になります。

これによって、より早く痛みから解放される事でしょう。

 

具体的には…

1 .アイシングするときは室温を十分に暖かくする。

2.湯上がりの体が温かい状態でのぞむ。

3.お茶などを飲んで体内から暖かくし、冷えを防止する。

4.フリースをはおる、膝かけをしてアイシングする。 ・・・etc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です