脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門   

雨の日は外で歩けないよ!

雨の日は外で歩けないよ!②

 

 

前回は踏み台昇降をお伝えいたしましたが、今回は、、、

 

 

これです

 

 

 

 

 

そう

 

 

トランポリンです。

 

 

トランポリンは、

 

『リンパ液の浄化作用』が他のどの運動よりもある

 

リンパ液は、血管からにじみ出た栄養素を細胞に送りつつ、老廃物を受け取って排泄をするという一連の流れをっています。細胞をいつまでも若く保ちたいのなら、血液とリンパ液の循環をよくすることが大切です。

トランポリンの上下運動によってもたらされる最大の効果が、リンパ液の浄化です。

 

 

トランポリンをおすすめする理由

 

・室内でできるので、天気に左右されない

5分でもOKなので、短時間でできる

・膝などへの負担が少ない

・全身をバランスよく鍛えられる

・跳ねるだけじゃないのでトレーニング種類が多い

・遊び感覚で跳ねることができるので楽しい

・何よりも継続しやすい

 

 

 

 

他にも・・・

 

 

 

・視覚が向上する

驚くべきことに、トランポリンに取り組めば眼球運動のスキル視覚を高められる。

上下動を繰り返しが焦点の微調整を促すので、最終的に動いている物体を追随する眼筋が強化される。トランポリンに取り組めば、ボールや対戦相手の動き、あるいは波の変化などがこれまで以上に “見える” ようになるのだ。

 

 

・ランニングと同等の心肺機能向上効果

トランポリンの心拍数と酸素消費を計測した2016年のある研究は、トランポリンの心肺機能向上への効果は、ランニング、自転車、バスケットボールなどと同等だが、これらよりも低負荷だとしている。

また、NASAの研究者も、トランポリンの心肺機能向上効果はジョギングより68%高いと認めている。

つまり、メンタル面の苦痛を感じることなく、優れた有酸素ワークアウトを手軽に実践できるというわけだ。まさに “ウィン・ウィン” だ。

 

 

 

さらに

 

 

 

 

・骨が強化される(関節を強くする)

ジャンプすると骨がミネラルを生成するようになる。また、着地の衝撃は重力の2倍に相当する。

これが骨の密度を高めるので、骨粗しょう症の防止や子供の側弯(そくわん)の治療にも役立てられる。

突き詰めて言えば、トランポリンをすれば、身体を守りつつ、好きなスポーツをより長く続けられるようになるのだ。

 

 

 

 

ただし

 

 

 

 

これ(トランポリン)ばかりやっていればいい・・・

 

というわけではありません。

 

トランポリンで飛んでばかりだと『内臓下垂』も起こることもあるので、普段からきちんと地面を歩くこともしなければいけません。

 

 

室内

 

 

トランポリン上で足踏みをしたり、腕を振るだけの動きをしたりするのもいいですね。

 

 

 

詳しく知りたい方は、院長までお問い合わせください。

雨の日は外で歩けないよ!①

雨が降っていると”ウォーキング”が出来ない

 

 

 

ウォーキングできないし、今日はやめとこう!

 

 

 

 

いやいや・・・

 

 

 

 

雨が降っててもできることはありますよ!!

 

 

そんな時は『室内でウォーキングに代わる運動』をしましょう!

 

 

 

ウォーキングは”下半身の筋力”を多く使う運動です。

 

 

歩行で使う主な筋力

 

  • 太もも
  • 太ももの裏側
  • お尻
  • ふくらはぎ

 

“ウォーキングでよく使う筋肉は下半身の筋肉です。”

 

“ふくらはぎの筋肉は、姿勢を支える際にとても大切な働きをしています。”

 

ふくらはぎは”ウォーキング効果”に重要な役割を担ってます。

 

 

ふくらはぎは第二の心臓

 

全身の血液は、心臓から送られて、また心臓に戻るという循環をしています。心臓より高い位置にある頭や首の血液は重力に従い心臓に戻りますが、下半身の血液を心臓に戻す事はできません。そこで、血液を心臓に押し上げるポンプの役割をするのが、ふくらはぎ。人体の血液は、70%が下半身に集まっています。ふくらはぎは下半身に集まった血液を心臓に押し戻すポンプの役割をしていることから「第2の心臓」と言われています。

 

“「ふくらはぎ」にある筋肉は第2の心臓といわれ、足にたまった血液を上にある心臓に送り返す働きをします。”

 

“人間の下半身には70%もの血液が集まっており、この血液を心臓に戻すよう働いている”

 

“動かすことで足にたまった血流を勢いよく上半身に戻してくれます。”

 

 

 

歩行することで、ふくらはぎが伸縮し、下半身の筋肉を心臓に戻し、全身の血液が促されます

 

“筋肉がよく動くと全身の血行がよくなるという。”

 

“ふくらはぎの筋肉のポンプ作用が促進することで体全体を温めることができます。”

ふくらはぎの働きで”健康の要”血流がアップ!

 

血液が上がれば、「病気」が遠ざかります

高血圧、糖尿病、心筋梗塞、腰痛、ひざ痛、肩こり、冷え性、不眠、更年期、うつ、認知症の予防

 

“血流は酸素を取り込んでこれを身体の隅々まで送っている命の源、健康の要です。”

 

“血流を良くすると身体が温まり、コリや冷えが解消されるだけでなく、太りにくい体質になったり血管障害を予防することにも繋がります。”

 

“ふくらはぎの筋肉がしっかりと収縮して、力強くポンプの役割を果たしていくことが、最も重要なポイントになってくるのです。”

 

ポンプの働きをするためには筋肉の伸び縮みが必要になります。”

 

 

 

 

 

そこで・・・

 

 

 

 

雨が降っててもできる、室内でもできる「簡単にできる”ふくらはぎ伸縮運動”」をやってみましょう!

 

台が準備できない場合は、階段の一番下の段でも問題なし

 

“十分に強度と安定性がある台を用意してください。”

“台の高さは、15cmから25cmの間で調節してください。(低めでしていただいても問題ありません)

“肝心なことは、「安定性があること」です。”

“自宅の階段を1段使ってもできます”

 

<室内運動①>踏み台昇降運動

 

 

“踏み台昇降は足の筋力と体幹を鍛えながらの有酸素運動です。”

“有酸素運動を続けると新陳代謝がよくなり、老廃物を排出しやすくなるので、カラダの中からキレイになることができるので、オススメです。”

“腹筋・背筋・お尻の筋も同時に鍛えるので、筋力アップだけでなく、ヒップアップもできちゃう簡単でお得な運動です。”

“確実にウォーキングの代わりになりますし、ウォーキング以上の運動も可能です。”

 

踏み台昇降運動のやり方

 

スポーツテストなどでおなじみの踏み台を昇ったり降りたりする運動です。上がって(右足)上がって(左足)下りて(右足)下りて(左足)を繰り返します。

 

“昇り降りを繰り返します。休まずに30分くらい続けてみましょう。”

踏み台がないのであれば、フラットな状態でも同じような動きをしていただいても問題ありません。

ずっと、座ったり、寝転んだりしてゴロゴロして動かないのが一番、体によくないのです。

とにかく動かすことが何より大事です。

30分じゃなくてもいいので15分でも…10分でも…5分でもいいので…少しづつコツコツとしていきましょう。

整体院のご案内

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門

骨盤から歩行を見直す整体院

ふみ整体院

・所在地:兵庫県加東市社1738-65

・TEL: 080-5328-7829 完全予約制

(施術中でお電話にご対応できない場合は折り返しこちらからご連絡いたします)

・営業時間:8:30~20:00

定休日:不定休

(休まず営業しております)

24時間LINEお問合せ・ご予約できます

(下記で友達追加してご連絡ください)

友だち追加

定休日のお知らせ