脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門   

冷却

氷による冷却法

捻挫・打撲・挫傷・その他の痛み・熱感のある患部(膝水腫、五十肩、テニス肘、寝違え、腱鞘炎など)を、氷で冷やす事により炎症を抑えその後の回復に違いがでます。運動後の障害ケア、慢性障害(オーバーユース)の予防のためにも、冷却は効果的です。特に運動後すぐと、入浴後も行うとより効果的です。

 プロの選手・アスリートが試合後すぐに行っているアイシングと一緒です。

 

冷却の仕方

 

 冷凍庫から出した氷は、表面に霜がついていて、-10から-20にも下がっています。そのまま直接皮膚の上に置くと、凍傷を起こすことがありますので、必ず氷の表面が少し溶けてからか、一度水で洗ってから、使うようにします。

 

 必ずを使って下さい。アイスノン、アイスパック等は使わないで下さい。

 

①氷は普通のビニール袋に1/2から2/3くらい入れます。

②袋のなかで氷が遊ばないように、袋の口をよじりながら、しっかり空気と水を抜き、口の先のほうで結びます。

③氷をまんべんなく広げて、皮膚に直接当て、最低30分以上冷やします。長ければ長いほど効果がでます。

 

冷却中は・・・

 

①痛い(ジーンとくる痛み)

②ピリピリする(針でつつかれるような感じ)

③感覚がなくなる。

という順番で感じるまで冷却します。

冷却により炎症の波及効果を食い止め、細胞の正常化や完全な治癒が多く見られ、病的増殖反応を抑え、組織の修復のための環境作りをする。

 

冷却による排熱が必須なワケ

寒いからイヤ?

 

でもそれでは「炎症」は治りませんよ。

 

冷却は「すぐに痛みを消す」のではなく、「関節を壊さない」ためにします。

 

なぜ大谷選手やマー君が70球や100球程度の投球でも交代させられるかわかりますか?

 

それくらいを投げるだけで痛くもないのに毎回必ず肩を冷却しているのはおわかりですか?

 

肩は「消耗品」と言われていますよね?使えば使うほど磨耗して負担がかかりますから、甲子園でマー君が延長してまで投げたらメジャーのスカウトは激怒したと言われています。

 

「過剰使用は関節が壊れるだろ?一生で投げられる球数は決まっているのに!商品価値が下がるからすぐやめろ」って。

 

熱があったら冷ましますよね?

使うと熱が出ますよね?

熱があると関節が摩擦熱で磨耗していく。

 

磨耗して壊れないようにするために冷やすんです。

整体院のご案内

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門

骨盤から歩行を見直す整体院

ふみ整体院

・所在地:兵庫県加東市社1738-65

・TEL: 080-5328-7829 完全予約制

(施術中でお電話にご対応できない場合は折り返しこちらからご連絡いたします)

・営業時間:8:30~20:00

定休日:不定休

(休まず営業しております)

24時間LINEお問合せ・ご予約できます

(下記で友達追加してご連絡ください)

友だち追加

定休日のお知らせ