脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門   

生体潤滑理論

人の体は『重力』の中でうまく機能するようにできています。

人の体は重力の中でうまく機能するようにできています。

このことを関節を例にとって解説すると、人の関節は、骨と骨との間に関節包という袋があり、その中には関節液という液状のものが満たされて構成されています。
わかりやすくいうと、ガラス板のようなつるつるの板の上にサラダ油などを塗って、もう1枚ガラス板をはさんだようになっています。この上になったガラスを上方にしきはがすようにすると、サラダ油の吸着力で動きません。ところが上からぐっと踏んずけてやれば、ちょうどバナナの皮を踏んだように、ズルっと動きます。
これがバイオトラポロジー(生体潤滑理論)です。

①関節には、骨と骨の間に関節包という袋があり、その中に関節液が入っています。ガラスの上に油を塗ってもう1枚ガラスを乗せたようなものです。

②これを両側から引っ張ると関節内が陰圧になり、関節の動きは悪くなります。(図2)

③逆に油の上に置いたガラスを上から押し付けてみると、スルスルっと滑ります。(図3)

人の体は関節に限らず、様々なところで1Gという重力のもと機能するようにできています。低気圧になるとからだの不調が出てくるのを考えてもわかりますね。

よって牽引などの非重力状態をつくり出すことは、体にとって非常に悪いことです。

何らかの原因で継続して関節に牽引力が働いた場合(非重力状態=非生理状態)、痛みを伴うことがあり肩や首、腰などの慢性痛などになります。

具体的にはハリ感やつまり感などと言われるものです。

またそれらの原因は、はっきりわかるものもあれば、あなたの日常生活の中でのクセや筋力の低下、考え方など様々な要素が絡んでいる可能性が考えられます。

慢性痛となると特にその原因は複雑かもしれません。

         それらを改善するには・・・

筋肉をマッサージしてほぐしたり、関節をボキボキと鳴らしてグッと動かしたり、必要以上に体を温めたり、電気をあてたりするのも、確かに一つの方法ではありますが・・・

●重力にきちんと対応できる関節を取り戻すこと(特に骨盤関節の回復と強化、歩く力を取り戻すこと)

●日常生活の見直し・改善(原因の徹底除去)

これをせずして根本改善などあり得ません。

バイオトライボロジー

朝、起き上がる時は腰が痛いけど、起きて動いているうちに気にならなくなったり、イス等から立ち上がる時、膝が痛いけど歩いていると平気になってくるという話を聞きます。

これは、関節に圧力(負荷)・重力がかかり、関節内の潤滑が得られたことにより、関節の動きがスムーズになったからと考えられます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は service-list03.jpg です

たとえば、ガラスや金属等を二枚に重ねて、その間に潤滑剤としてジェルや油を垂らしてから動かす時、圧力をかけて動かす状態が最も滑りやすく、逆に引っ張った状態で動かした状態が最も滑りにくくなります。

 

このような事が関節内で起こり、寝ている状態や座っている状態よりも、立って歩いている方が身体の中では動きやすい状態となります。

これが「生体潤滑理論~バイオトライボロジー~」です。

整体院のご案内

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門

骨盤から歩行を見直す整体院

ふみ整体院

兵庫県加東市社1738-65

080-5328-7829

完全予約制

(施術中でお電話にご対応できない場合は折り返しこちらからご連絡いたします)

・営業時間:8:30~20:00

・定休日:不定休 

(休まず営業しております)

24時間LINEお問合せ・ご予約できます

(下記で友達追加してご連絡ください)

友だち追加

定休日のお知らせ