脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門   

痛めてるところは冷やせばいいの?温めればいいの?

生理的局所冷却法

 

 

 

 

ほとんどの痛み炎症。つまり、です。

 

 

*関節痛…温める?冷やす?

 

関節の痛みは、温めても冷やしても抑えられますが、関節をきれいに治すのは冷やす方法に限られます。

雨戸をイメージしてください。雨戸はレ-ルにはまっていればスム-ズに動きますが、レ-ルから外れると擦れて動きが悪くなります。このように擦れる時は必ず、摩擦熱が生じます。痛みのある関節は、関節炎や筋肉炎といわれます。レールから外れた雨戸のように、骨と骨がうまく連結していない関節に摩擦熱がたまり、炎症を起こすからです。

 

*どうして痛みを感じるのか?

 

潤滑不全の関節には摩擦熱が出てきます。摩擦熱が一定以上たまると、熱に弱いたんぱく質は壊れてしまいます。熱が関節の細胞の膜(たんぱく質を含む)を壊し、細胞の内容物が細胞の外に流れ出ると化学反応がおこり、連鎖的に破壊が広がると炎症になります。関節を警備する神経は、普段見かけない不審な物質を見つけると、異常事態の発生のメッセージを脊髄という回線を通して、警備本部のある脳に連絡します。脳はそのメッセージを「痛み」として感じ取り、異常部位を知る。というのが痛みを感じるしくみです。

*痛みをなくす方法

温める?冷やす?

体に異常があっても、その情報が脳に伝わらなければ痛くありません。医療では、薬や熱で脳や神経を眠らせる方法をとります。歯の治療の麻酔注射は神経の伝達を遮断するので、歯を深く削っても痛みを感じません。整形外科では痛い関節を温め、神経の感度を低下させて痛みを抑えます。

*神経の働きと「温度」

神経や脳は基本的にたんぱく質と脂肪でつくられているので、その感度は温度に大きく左右されます。
私達の神経や脳は、涼しい場所では敏感になりますが、温かい部屋や風呂では弛緩して眠くなります。
腰痛の人は、寒い日や生鮮食品売場などの冷える場所では痛みが増し、温かい日や風呂で温まると痛みが和らぐことを経験的に知っています。これは温めると感覚神経が一時的に鈍るだけで、歪んだ関節が治るわけではありません。冷えると痛くなる理由は感覚神経が鋭敏になるためで、関節の歪みが増すわけではありません。

温める治療が神経を眠らせて痛みを緩和する恩恵だけであれば、温熱治療に全く異論はありません。しかし「温めると関節の熱や炎症が増して、関節内のたんぱく質がもっと壊れる」という副作用を知ると、「冷却しましょう」と主張せざるをえなくなるのです。

*生理的局所冷却法

 

過剰な熱はたんぱく質を壊しますが、冷やせばたんぱく質を熱から守ることができます

 

「冷えると痛くなる?」
使い捨てカイロなどで温めた後、必ずそこの温度は平常温度に戻ります。すると眠っていた神経が正常な活動を再開して、異常のメッセージを脳に伝えるので痛みだします。それを「冷えるとよくない」と学習してしまうと、痛む場所を使い捨てカイロや、遠赤外線やサポーターや風呂で、常に温めるようになります。
「温熱療法の副作用」
いつも痛い所を温めて続けていると、現代医学では治りにくい慢性関節痛になってしまう恐れがあります。常に関節に熱を加えるので、関節内の柔らかい細胞だけでなく、硬い骨まで溶かして「変形性関節症」になるからです。

対して、冷やす療法は関節炎の熱をとり、たんぱく質を守ることを第一の目的にしています。熱がとれると化学反応が減るので、痛みが消える鎮痛効果も得られます。つまり、生理的局所冷却法は一石二鳥なのです。

「痛み(炎症)を冷やす」。これは、考えてみればごくあたりまえの対応です。むしろ、昔から言い伝えられ、常識化した「痛み(炎症)を温める」という方が不自然です。病院では「この痛みは筋肉や関節の炎症ですから、冷やさないように温めてください」といわれます。あらためて考えると、おかしな話ではないでしょうか?。

*冷却療法の効果

  1. 熱によるたんぱく質の破壊を食い止める
  2. 鎮痛効果 … 冷やし始めの3~5分は神経が高感度になるために痛むような感じがすることもありますが、20~40分ほど冷やして炎症熱が減ると化学反応も減るので、本当の意味で痛みが抑えられます。しかも鎮痛剤や温熱療法より副作用がなく安全です。
  3. 血行が盛んになる … 冷却をした後は、新鮮な酸素を含んだ血液が盛んに流入してきて、冷えた局所の温度を上げると同時に関節の修復と浄化を促進します。

「膝に水がたまる」 … これは、自己防衛の姿です。膝関節の炎症を、体内に豊富にある水を集めて冷まそうという反応です。これをただ邪魔扱いして抜くのはよくありません。膝関節を冷やして防衛力を援護してください。

腰痛は冷やすのが正解

冷却の方法

  1. 表面の霜をとかすため、必ず水にくぐらせた氷を使ってください
  2. ビニール袋にその氷をいれて、漏れないように口を縛ります
  3. それを直接患部に当てて炎症とりをしてください。時間は20~40分です。

*痛みが強い場合は90分ほど間をおいて、再度局所冷却をしてください。

 

注意 …アイスノンなどの蓄冷体や霜、霜取りをしていない氷の使用は、0度以下となり熱吸収速度も速過ぎるため、体の細胞を傷め、やけど状態を引き起こす<凍傷の>危険性があります。アイスノンなどの使用は厳禁です。

 

必ず十分に霜取りをした氷を使用してください。

 

また風邪をひかないように、重ね着をしたり暖房で部屋を暖かくして、痛みのある局所だけを冷やしてください。同時に冷やすのは2ヶ所までです。

従来の温熱法に対し、局所冷却法の合理性と有効性は、構造医学の研究や臨床で明らかになっています。病院でだされる「痛み止め」の多くは化学薬による消炎 • 解熱型の鎮痛薬です。氷水による生理的局所冷却法は物理的な消炎 • 解熱作用があるため、副作用のない安全な鎮痛効果が得られます。

関節が歪みはじめたばかりの初期の炎症であれば温熱療法で簡単に完治する例もあります。しかし、たんぱく質の性質を考えると習慣的に行ってよいものではありません。それは、たんぱく質破壊のリスクを伴うからです。たんぱく質破壊のリスクがなく、炎症という痛みの実体を治していくことを望むのであれば、理論的に考えても局所冷却法が有効です。

整体院のご案内

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門

骨盤から歩行を見直す整体院

ふみ整体院

・所在地:兵庫県加東市社1738-65

・TEL: 080-5328-7829 完全予約制

(施術中でお電話にご対応できない場合は折り返しこちらからご連絡いたします)

・営業時間:8:30~20:00

定休日:不定休

(休まず営業しております)

24時間LINEお問合せ・ご予約できます

(下記で友達追加してご連絡ください)

友だち追加

定休日のお知らせ