脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門   

冷却時、なぜ赤くなる??

赤くなる理由

 

冷却時、皆さんは疑問に思われないかもしれませんが、冷却部位は赤くなり、時間が経過すると元の状態に戻ります。これはなぜでしょうか?実際冬場など外に出られた際、お肌が赤くなったり、または缶ジュースを指で掴んだ際、掌が赤くなったりした経験はありませんか?この現象について今回確認してみました。ご参考ください。

 

人間の防衛本能により、赤くなる?

 

一般的に人間の体は寒さを感じた場合、血管を収縮し、暖かさを感じた場合、血管を拡張させる作用があります。ですが今回の場合は、「局部的に冷却」した場合です。実は人間の体は局部的な温度変化があった場合、細胞を守ろうと、その部分だけ血管を拡張し、血流をよくするという働きがあります。そのため、局部的に冷却する事で、その部分だけ血流がよくなり、皮膚の表面に赤く見える事になります。人間の防衛本能はやはりかなりハイテクにできていますね。この反応を専門的にはシャンティング反応(血管拡張に伴う血流の増加)というようです。

 

まとめ

 

人間は体を冷やすと血管が収縮、温めると血管が拡張するが、局部的な温度変化があった場合、そこの部分だけ血管を拡張し、血流をよくする事で細胞を守るようにできている。そのため、冷却時皮膚が赤く見える。この人間の防衛反応をシャンティング反応といいます。

整体院のご案内

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛 専門

骨盤から歩行を見直す整体院

ふみ整体院

・所在地:兵庫県加東市社1738-65

・TEL: 080-5328-7829 完全予約制

(施術中でお電話にご対応できない場合は折り返しこちらからご連絡いたします)

・営業時間:8:30~20:00

定休日:不定休

(休まず営業しております)

24時間LINEお問合せ・ご予約できます

(下記で友達追加してご連絡ください)

友だち追加

定休日のお知らせ